Ⅰ→ⅢMの用例

「Ⅰ→ⅢMの用例」がどういうことかはこちらをご覧いただきたい(それでも説明が至らないかもしれないが)。

Ⅰはすなわち主和音。で、Ⅲはⅲ上につくった和音のことなのだけれど、その和音はふつうマイナーの和音になる。ハ長調でいえばⅲはミなので、ミのうえにつくる和音はミソシ。ミとソのあいだが短3度。ソとシのあいだは長3度。すなわちこれ、短3和音なのである。

そこで、短じゃなく長、すなわち最初のミとソの間隔が広くなるようにソに♯をつけてしまえばⅢMのできあがり。

ⅢMはそういうなりたちでできたというよりは、他の調から借りてきた属和音なのだ。他の調は何かと言えば、ハ長調にとってのⅥ度調、イ短調である。ドミソを主和音にしたときの属和音がソシレであるように、ラドミ(ドが♯でもいい)にとっての属和音はミソ♯シなのだ。このミソ♯シこそが、ハ長調におけるⅢMなのである。

和音の話になると長くなる私。冒頭にリンクした記事に、ⅢMの用例を集めた。

で・も・! そのすべてが、平歌やサビなど、そのときの曲の展開における「冒頭」はⅠ(主和音)であり、そこからⅢMに進行するという用法をとっている。

新沢としひこ・中川ひろたか『世界中のこどもたちが』

Ⅰ→ⅢMのはまりかた

ところがこちら(上リンク)をご覧いただきたい。この曲は、確かにⅠ→ⅢMの進行を含んでいるのだけれど、ⅠでAメロ部を終止させてから、Bメロ部の冒頭にⅢMが来るように用いている!

冒頭にくるコードというのは「顔」である。私も曲書きのはしくれだけれど、「その曲を構成するAメロやBメロやサビやCメロのアタマが何のコードではじまるか」には強い関心がある。あなたも曲書きなら関心があるだろう。なんなら曲書きじゃないあなただって関心があるはずだ! ないわけがない!(興奮) 

コード進行の「順番」だけについていえば、どんな位置にそれがあてがわれていようがⅠ→ⅢMはⅠ→ⅢMだ。それなのに、ハメ込む位置がずれるだけでこんなに違う印象をもたらすなんて。

多くの用例が

|(平歌やサビのはじまり)Ⅰ → ⅢM |

というハマりかた。

しかし『世界中のこどもたちが』のハマりかたは

(平歌)→ Ⅰ (平歌の終止)→|(サビの始まり)ⅢM

なのだ。「|」は小節線。おわかりいただけただろうか。

新沢・中川作品

新沢としひこ・中川たかひろクレヨンハウスの雑誌『クーヨン』の前身『月刊音楽広場』(1987—1996)で多くの作を送り出した。私のお気に入りは『にじ』『ともだちになるために』。『世界中のこどもたちが』は1988年1月号で発表。作曲年はその前年という。

この曲にたどり着いたいきさつ

教育芸術社の『歌はともだち』を愛用している。私が小学生のときに授業で使った歌本。それを今も私は開いて見て歌っている。新版も改めて購入したくらいだ。それに『世界中のこどもたちが』が掲載されている。

小学生の時に使った版には『世界中のこどもたちが』はまだ載っていない。1986年生まれの私だが、年上の兄から譲り受けた古い版を使った。その版は1983年。『世界中のこどもたちが』誕生以前なのだ。そりゃ載っていないわけだ。

無意識に口ずさむ

先日、家で何気なくこの『世界中のこどもたちが』を私は口ずさんだ。無意識に出てきたのだ。そういう歌がいくつかある。どういうわけか私の記憶の領域の浅瀬をぷかぷか浮いて漂っているようなのだ。潮目なのか、風が吹いたのか、自分の意志とは関係なく視界に入ってくることがある。そんな歌、あなたにもあるのでは。

歌は空と海をつなぐ

曲についてほかの細かいこと

トリプレットのマーチ調が元気な印象。歌い出し「せかいじゅうー」が順次進行なのに対して、「そらも」や「ラララ」は同音連打。この「ラララ」は重要。「そら」と「うみ」をつなぐのが「ラララ」であり、「ラララ」とはすなわち「歌」である。歌は空と海をつなぐのだ。

Bメロの終結部でメロディは上行。Aメロに戻るときに、1オクターブ下の同音につながる。仕切り直しているのに、ちゃんとつながっているのだ。

青沼詩郎

『世界中のこどもたちが』を収録したCD『新しい子どもたちの歌 1 世界中のこどもたちが』(トラや帽子店+新沢としひこ)

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“新沢としひこ・中川ひろたか作品。数あるレパートリーはクレヨンハウス『月刊音楽広場』で発表。『世界中のこどもたちが』は1988年1月号掲載。
マーチ調、トリプレットのハネ。
Bパートの冒頭がⅢM(Ⅵ調のⅤ)なのがすごくいい。
ポップやロックでⅠ→ⅢMの進行は数多見てきた。
でもそのほとんどが、冒頭をⅠで始めたのちにⅢMに進行するもの。
Bパートの冒頭からいきなりⅢMという例は、私は他の例を知らない。
その前も含めて見ると、AパートをⅠで全終止したのちにBパートをⅢMで始めるという流れ。Ⅰ→ⅢMには変わりないのに、ずれてハマっているだけでこんなに違った印象を与えるなんて。ああ、音楽おもしろい。音楽、おもしろい。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3505241512902831