JUDY AND MARYのファンでした。私がはじめて買ったアルバムはJUDY AND MARY『POP LIFE』。佐久間正英プロデュース作。

JUDY AND MARY解散後のメンバーのうごきを、熱心に追跡している私ではありませんでした。はじめて買ったアルバム『POP LIFE』のとき、私は小学生。それからいろんな音楽を知りました。…と言っても、せまい世界中心にですが。

YUKIは2002年2月6日にソロで初めてのシングル『the end of shite』を出し、それからひと月ちょっとの3月27日にアルバム『PRISMIC』を出します。スピッツやクラムボンのミト、亀田誠治ほかが関わってつくられたアルバム。このあたりの、YUKIのソロキャリアのはじまりについて私はいまはじめて知り始めています。

歓びの種』(2005)というYUKIの曲があって、いい曲だなと思っていました。上に書いたような、彼女のソロキャリアの経過についてよく知らず、なんとなく手を伸ばして聴いたアルバム『Wave』(2006)に入っていました。これが、実写映画の『タッチ』(漫画『タッチ』を原作とする)の主題歌としてつくられたものだということも昨日初めて知りました。監督は犬童一心。

『歓びの種』は作詞がYUKIで、作曲が蔦谷好位置

蔦谷好位置は作詞・作曲・編曲・プロデュース業で、私の知る多くのミュージシャンと関わり、とても信頼され重宝されている人物。彼のキャリアについて追うことも、私の世界を広げてくれる予感に満ちています。「好位置」という名前はきっと本名のもじりなのだろうと想像しました。実際、彼の本名が恒一。愛称はナイスポジションだそう。北海道出身者というおおきなくくりで見れば、YUKIとは同郷です。

ひらひらとYUKIが舞う、公式チャンネルで公開されているMV。
順次下行ベースのAメロ。歌詞はボリューミィ。Bメロでは特にリズミカルに、16分音符の細かいアウフクタクトを多用して歌詞を乗せていて、キレと緊張感を生んでいます。

BメロはⅣの和音から始まるのですが、Bメロの折り返しのラインのアタマがⅣ♯m7(5♭)なのが衝撃的に巧いなと思います。蔦谷好位置の技でしょうかね。

声の美味しいところが出続けるような、ある特定の音域が登場している時間が長くなるような歌メロディのポジションです。私も自分で移調して歌ってみてわかりました。地声っぽい発声がキャラクターの魅力の一部になっているYUKI。この曲は彼女の表現を堪能できる、ミドルテンポでロックでポップなバラードだと思います。

何度聴いても、何度も感動してしまう。ピアノストロークとストリングスアレンジが曲をしっかり支えています。編曲者の島田昌典が大きいかもしれません。彼もまた、ビートルズに衝撃を受け、敬愛した1人のようです。私が気に入った音楽を発信している人のルーツをたどるとビートルズがいることはもうしょっちゅうです。

この曲のリリースされた2005年、彼女がどんな状況にあったか存じません。私生活が作にどう影響したのか。ないともいえないし、あるともいえない。それはともかく、この曲にひたすら感動する私がいます。

青沼詩郎

YUKI 公式サイトへのリンク

『歓びの種』を収録したYUKIのアルバム『Wave』