KinKi Kids バージョン

KinKi Kidsが歌った曲として私は知っていました。2001年11月14日シングル発売、2002年12月26日発売の『F album』に収録されています。1997年に『A album』を出してから、アルファベット順のタイトルでアルバムを出している彼ら。FはAからおよそ5年後、6枚目のアルバム。『カナシミ ブルー (New Mix)』(作詞・作曲:堂島孝平)も収録されています。

アルファベット順のアルバムは2016年『N album』まで出ています(後記:2020年12月23日、『O album』を発売)。、楽しいですね。ベストアルバムなどには例外があります。

堂本剛が主演したドラマ『ガッコの先生』の主題歌。当時、私は放送を観ていました。記憶がオボロですが、アツい先生のお話…共演に竹内結子

「KinKi Kidsらしさ」というものがあるのかわかりません。デビュー曲の『硝子の少年』の印象が強く残っています。作詞が松本隆、作曲が山下達郎。何がいいたいかというと、どこか、彼らの曲の中でも『Hey! みんな元気かい?』は特異に思えたのです。悪目立ちするとかそういうことでもなく。常に新しいことに挑戦しようとする意欲、その矛先が、こういった、どこかフォークの匂いのするほうに向いたということが当時の私には意外に思えたのかもしれません。

YO-KINGバージョン ライブ

作詞・作曲のYO-KING真心ブラザーズのメンバーです。最近私はこのブログでYUKI歓びの種』を取り上げた記事を書きましたが、ふたりは婚姻関係だそう…という私的なつながりはともかく、ミュージシャン、表現者としても強く惹かれ合ったのであろうことを想像します。おふたりとも、すんばらしー音楽を長く引っ張ってきた偉人と私は思います。

曲や歌詞

YO-KINGのまっすぐな音楽性がそのままに出ています。そこに惚れての依頼だったのかもしれません。結果として、KinKi Kidsのキャリアに幅を持たせ、以後の音楽性にも影響を与えたかもしれませんね。

“悲しみの涙で育った大きな木を どこまでものぼってゆけば” (『Hey! みんな元気かい?』より、作詞:YO-KING)という歌詞のフレーズに対して、ベースが順次下行していく。“のぼって” と歌う瞬間には詞に呼応してか、完全4度(あるいは完全5度)ルートが跳躍します。悲哀との出逢いを繰り返しながらも地道に前進をつづけ、徐々に世界が広がり、高みへ至り、視界がひらけていくような情景を想像します。王道な名曲のにおいのするコード進行ですがⅠに解決する直前にはⅦ♭のコードを用いています。ここがフックですね。

Bメロのアタマはの短和音のキュッとした響き。ⅡMを用いてⅤへのつながりを強めています。そしてサビにいく。サビはAメロと同じコード進行。「これだ!」「キタ!」感あります。

YO-KINGバージョンでは彼がハーモニカを吹いていますね。彼のアルバム『IT’S MY ROCK’N’ROLL』(2003)にセルフカバーが収録されています。Cメージャー調の中でハーモニカの「シ♭」の音を吹いているのが特徴です。「F」キーのテンホールズ・ハーモニカでしょうか。

ちなみにKinKi KidsはAメージャーキーでパフォーマンスしています。セルフカバーのCメージャーキーだと、YO-KINGらしいボーカルのテンション感が出ています。KinKi Kidsバージョンはイントロのリフが秀逸。どちらも素敵です。

青沼詩郎