KinKi Kidsについて

私はこのブログで音楽のことを書いている。

毎日更新しているので、ネタを常に探している。

ネットにあるような情報をそのまま横流しするのでは私が書く意味もないから、自分の体験を探る。

すると、結局90年代の日本のポップに行き着いてしまいがち。

私が1986年生まれだ。

自分の思春期くらいまでのことを思うと、刺激を多く受けたのは自然に90年代の自分の育った国の音楽が多くなる。

KinKi Kidsは私の思春期までのこの国の音楽のある割合を占めた人たちだと思う。

堂本剛堂本光一のユニット。ふたりの苗字がおなじなのはたまたまだそう。誰もが実の兄弟だと思ったのではないか。本名なのだと改めて知って、あらためて「へぇ」と思った。

ドラマとのタイアップ曲があった。

Hey! みんな元気かい?』(2001)(先日このブログで取り上げた)は、堂本剛が出演する『ガッコの先生』の主題歌だった。これが放送された時期、私は思春期真っ最中の少年だったのだ。

全部だきしめてについて

全部だきしめて』は、『LOVE LOVE あいしてる』というテレビ番組の主題歌だった。吉田拓郎の作曲。主題歌として書き下ろされたものだったとは知らなかった。KinKi Kidsに歌われてヒットしたそれは、吉田拓郎のセルフカバー集『みんな大好き』(1997年11月1日リリース。「吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS」名義)で、KinKi Kidsのものよりも先にリリースされている。それからKinKi Kidsのシングル『全部だきしめて/青の時代』(1998年7月29日)リリース、という経過。

作詞者 康珍化

作詞者は康珍化。静岡県出身で、ポップや歌謡の詞を書く。短歌を詠い、早稲田大学短歌会に所属した人でもある。

サザンオールスターズ桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』(1990)の脚本を担当したのも康珍化

岩崎良美が歌ったアニメ『タッチ』(1985)テーマ曲『タッチ』の作詞者も康珍化

上田正樹が歌った『悲しい色やね』(1982)の作詞者も康珍化

BoAの『メリクリ』(2004)の作詞者も康珍化

KinKi Kids作品だと『雨のMelody』(1999)の作詞者も康珍化

参考:Wikipedia

私の知る多くの作の生みの親だったとは。ようやくいま、私はまともに知りはじめた。

歌ってみた体験について

私は、音楽をきちんと味わい、深く知る手段として、自分でも弾き語りしてみることにしている。それを撮影してYouTubeで公開している。それをすることで、背筋が伸びる。そうでなけりゃ、ある水準まできちんとやりきる自信がない。だから毎日更新している。そういう「リミット」を設け、定期で取り組むことで自分を律している。

で、『全部だきしめて』に挑戦してみた。

この曲は前から知っていたけれど、ヒラウタの歌詞の乗せ方が難しくてなかなか手が出なかった。

今回、自分で挑戦してみてもその印象はそのまま。ヒラウタのリズムのはめ方がむずかしい。

一方で、サビが歌いやすい。この開放感とのメリハリが肝。いいサビだと思う。

サビの前半部でⅢのコードをマイナーでつかって、サビの折り返しでⅢのコードをメージャーでつかっている。コード進行おたくの私はこのこまかい采配に、作曲の吉田拓郎の工夫を思う。Bメロの入り口のコードがⅢM(メージャー)なのも巧いなと思う。

歌詞について

サビのフレーズ“全部だきしめて”の包容力。2回目のBメロの歌詞なにかをひとつ失くした時に 人は知らずになにかを手にする きみのためにできることを あれからずっと探してる (『全部だきしめて』より、作詞:康珍化)このラインが私は好きだ。ものの真理を言い当てている。等価交換。すべてを得ることはできない。何かを選ぶことは、何かをあきらめることだ。あなたのために私が何かをするとき、私はほかを切り捨てることになる。いま、この文章を書くことで私はほかを断っている。これを読んでくれているあなたは、他(た。誰)を断って読んでくれている。ありがとう。

むすびに


吉田拓郎をフォークの巨人として私は知っていたけれど、まだまだ知る余地がある。この国のある年代においてフォークが担ったものは重要で、その尾を引いた文化がいまも色濃い。「一時代のみのもの」を超越した文化になったと同時に、特定の時代を語るアイコンにもなった。

吉田拓郎について私が知るのは、その影の端っこくらいのもの。ざっとWikipediaを覗いた。文字の壁があらわれた。こりゃ、日を改めようと思ったさ。

青沼詩郎

KinKi Kidsのシングル『全部だきしめて』(1998)。

吉田拓郎とLOVE2 ALL STARSによる『全部だきしめて』を収録した『みんな大好き』(1997)。リズム隊(ドラムス・ベース)の明瞭で硬質なサウンド、それに乗っかるキーボードやストリングスなどのウワモノ。そしてゆるぎない美しい歌メロディ。リゾート地にいるみたいで夢のよう。こうした構築美に私としては『どんなときも』『遠く遠く』などの作がある槇原敬之のサウンドを思い起こす。特に関係ないかもだけど。

ご笑覧ください 拙演