きのうYouTubeをさまよっていたら、なんのお告げか西城秀樹の『走れ正直者』に行き当たった。私がYouTube上で押した「高評価」ボタンだとか視聴履歴だとかに基づいて表示されたのであろうことは予想できる。

『走れ正直者』はアニメ『ちびまる子ちゃん』2代目エンディングテーマ。作詞がさくらももこ、作曲は織田哲郎。

歌詞がもうすごいのなんの。ぶっ飛んでいる。音韻が印象的で、でも「マイマイ」のあとに「でんでんかたつむり」と続けるなど、無意味なことばの羅列とも違う。それでいて突飛。お前らはどこから来たんやといいたくなる歌詞。その出身地はまぎれもなく『ちびまる子ちゃん』登場人物たちが生きるあの町だろう。どこにでもありそうな普通の町。架空の日常。

ちびまる子ちゃんの、さくらももこの、西城秀樹と織田哲郎の威力におののきながらちびまる子ちゃん周りについて掘ってみる。安易だが入り口として検索、Wikipediaを出してみる。

歴代のテーマソングたち。歌い手や作曲者に私の気になる名前が豪勢におどる。曲名も聴いてみたくなる。純粋に興味をひく。ほとんどの作詞はさくらももこ。おそるべし。

岡本真夜、大滝詠一、PUFFY、桑田佳祐、忌野清志郎らのLOVE JETS、斉藤和義…個人的な関心で挙げたこれらの名前以外にも、もれなく話題をつくりそうな面々のみ。どういうキャスティングのプロセスなのか気になる。

ちなみに昨日このブログで紹介した『走れ正直者』を歌った西城秀樹に関して、さくらももこご本人が西城秀樹のファンだったという。原作者の「このひとがいい」というのがまずはじめにあって実現した主題歌も多いのかなと想像する。

気になる面々が名を連ねる『ちびまる子ちゃん』主題歌だけど、なかでも紹介したいのが『あっけにとられた時のうた』。

たまである。

たまは、私は大人になってから知った。バンドをやっている友達が『さよなら人類』を聴かせてくれて。たいそう衝撃を受けた。私は「イカ天」を同時代で見守って楽しんだ人間でもなかった。

でも、この『あっけにとられた時のうた』ははっきりその存在を覚えていた。“あさもはよからとうさんが・・・” このどうしようもなく強烈な歌い出し。日常的なのに、どこか自分のこととも思えない。我が家はあさもはよから牛乳屋さんが来る家ではなかったからなのか? 架空の町の日常としてリアル。それでいてどこかファンタジー。だからこそファンタジー? 

ちびまる子ちゃんの主人公はさくらももこ自身がモデルとも聞く。彼女のこども時代ということで、私のこども時代とギャップがあって、そういう「日常を感じるのに異世界」を思うのかもしれない。

たまを大人になるまで知らなかったといったが、この主題歌『あっけにとられた時のうた』ははっきり知っていた。だから「たまを知らなかった」は嘘になるかもしれない。たまはこれこれこういうバンドで・・・それがちびまる子ちゃんの主題歌を担当して・・・という情報が自分の中で結びついていなかった。というか、「曲」は知っていたけれど「たま」についてはちゃんと知らなかったというだけの話か。歌い手、作り手、演奏者のことは知ってもらえなくても、「曲」だけは知ってもらいうる。という事実がひどく不思議に思えるし、それでいてすごく音楽の魔力を感じる。音楽はどこまでも「人間のモノ」でありながら、どこか超自然的なものだなと。自然現象でもあるのだけれど、究極の秩序でもある。

フルバージョン。こんな構成だったとは知らなかった。たまのただ者じゃなさを味わえる。パーカッション類の表現の幅にうなる。石川浩司。知久寿焼の唯一無二の声。メンバーたちの声が合わさって、真似不可能のたまのコーラスボイス。ため息が出る。

たまの表現がちびまる子ちゃんの世界とコラボしていて、だれとは言わないが「まる子」のあの登場人物たちが顔をみせる。たまやさくらももこのいる、この現実の世界と『ちびまる子ちゃん』の世界が地続きになる。

青沼詩郎

たま
http://www.officek.jp/tama/

ちびまる子ちゃん
http://chibimaru.tv/