「いいとも」エンドロールで繰り返し目にした名前「伊藤銀次」

ここで音楽、特に国内のポップスのことについてよく書いている。

私はウルフルズが好きで、何度もここで取り上げている。そのプロデュースもしているのが伊藤銀次

伊藤銀次は自身も歌手、ソングライターで『幸せにさよなら』という曲が私はとても好き。大滝詠一、山下達郎との共同名義「ナイアガラ・トライアングル」でリリースしている。

こうしたことについて日々音楽ブログを書いているので、最近の私の意識に伊藤銀次が浮かび上がることがしばしばあるのだけれど、先日ふと気付いたことがある。思い出したことがある、と表現するのとどちらがふさわしいかわからないのだけれど、突然頭の中の回路がつながったような感じがした。

それは、かつて何十回何百回観たかわからないお昼の帯番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(1982—2014、フジテレビ)のテーマソング『ウキウキWATCHING』の作曲者が伊藤銀次だということ。(作詞:小泉長一郎、編曲:鷺巣詩郎)

この「伊藤銀次」の名前を、番組エンドロールで繰り返し観た。その四文字の見た目を私ははっきりと記憶していた。

それからだいぶ経って2020年の5月ごろから、私はここのサイトを立ち上げて音楽ブログを書き始める。大好きなウルフルズのプロデューサーの名前に行き当たるのに時間はかからなかった。

それなのに、その時点ですぐには頭の中の回路がつながらなかった。ほんとに、つい先日なのだ。伊藤銀次氏が、「あのテレビ番組」の主題歌の作曲者として度々目にした四文字の名前の持ち主だとういうことと私の頭の中でつながったのは。

ウキウキWATCHING 私の歌詞の聞き間違い

それから、もうひとつ気がついてびっくりしたことがある。

この曲の歌詞における、自分の「聞き間違い」に気付いたのだ。

歌詞に「いいトモロー」と出てくる。これを私はずっと「いいともぉ〜」だと認識していた。

実際「いいとも」と歌う部分もあって、「いいトモロー」と歌う部分と曲中で混在している。いうまでもなく「いいとも」と「いい(良い)Tomorrow」のひっかけなのだけれど。そのふたつをかけるなんて、なんてごきげんでハッピーな曲なんだろうと思う。「いいともぉ〜」と聞き違えている限りは、その魅力に気付けなかった。なんだ、めちゃめちゃいい曲じゃないか!(ゲンキン?)

でも仮に勘違いしたままでもいい曲。フルコーラス聴く機会がこれまでなかったが、伊藤銀次がセルフカバーしている。柔和な声と洒脱なアレンジでパフォーマンスしていて、昨日私はこれをエンドレスリピートして聴いては一緒に口ずさんだ。お昼の顔のあの番組がなつかしい。

青沼詩郎

伊藤銀次によるセルフカバー『ウキウキWATCHING』を収録したアルバム『THE BEST OF GINJI Sony Music Edition 1982-1985, 1993』

https://youtu.be/bFhnoIbMBhY 「笑っていいとも」や『ウキウキWATCHING』についての経緯を伊藤銀次が話している。弾き語りも少し。

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより
“『森田一義アワー 笑っていいとも!』テーマソング。
人生で何回この曲を耳にしただろう。国内でもっとも認知されている歌のひとつか。
そのくせ、私はずっと気づいていなかったことに今日気づいた。
曲中、「いいとも」「いいトモロー」と歌い分けていること。
ずっと私の耳には「いいとも」「いいともぉ〜」と聞こえていた。
まさか「いいトモロー」だったなんて。
それを知って聴けば「トモロー」とちゃんと聴こえるし、そうとしか聴こえないのだけれど、ずっとずっと私は勘違い(聴き違い)してきた。
番組の音楽担当、鷺巣詩郎・伊藤銀次両氏の名前を何度エンドロールで目にしたかわからない。『ウキウキWATCHING』編曲の鷺巣氏は私と下の名前が漢字まで一緒なのが見るたびに気になった。あまり多い名前(漢字が)ではないので。
ウルフルズのプロデュースなどもしている伊藤銀次氏と、当時いいともエンドロールで繰り返し目にした名前の持ち主が同一だと認知した(アタマの中でつながった)のも最近のこと。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3495217473905235