YouTubeより

Deanna Durbin(ディアナ・ダービン)

フルートからストリングスへと転位するモチーフ。ハープが優美。たっぷりとしたテンポでおおらかに、異国の広漠とした草原のように壮麗に歌います。ディアナ・ダービンの歌唱はベル・カントといっていいのかわかりませんがまるで声楽家のそれです。音程よく、母音と子音のセパレートよく、ビブラートはこの上なく均整がとれています。メロディの最高音域でめいっぱいフェルマータしますね。

The Scholars

バス・ヴォイスがせりあがります。やや右に男声がいるでしょうか。左に女声、2コーラス目でメインです。ソプラノ・アルト・テナー・バスの4声でしょうか。世にもうつくしい私の大好きな編成です。

1コーラス目は「Woo」「ah」あたりの発声でコーラス。4分音符のまとまりで動かしたり長い音符を含めたり。ソプラノは細かめの音符割も。

コーラスごとに調性が変わっていますね。

1コーラス目はB♭メージャー。 

2コーラス目はソプラノが主旋律でE♭メージャー。

3コーラス目はテナーが主旋律でBメージャー。前の調の主音であるE♭を新しい調の第3音(ⅲ)に読み替え(E♭→D#)た転調は斬新かつ爽快。3コーラス目後半はアレンジメントが華やか。特に2:40頃〜からのソプラノの動きが注意をひきます。小節線にまたがる大胆な長い音価の保続で平行線したかと思えば、強拍に充てる一瞬の倚音のスリル。〜3:00くらいまでのおよそ20秒にダイナミクスのほとんどが詰まっているのじゃないかと思わせる。ここでドラマは急速に収束していきます。

曲について

スコットランド民謡。1700年頃に作詞され、1838年頃作曲された様子。 作詞:William Douglas(ウィリアム・ダグラス)、作曲:Lady John Douglas Scott(ジョン・ダグラス・スコット夫人)。

雑感

メロディ

メロディは1オクターブの波高をもった跳躍を前半の8小節間で2度重ねます。一気に飛び上がったのちは、滑らかにゆっくりと降りてくる音形。およそ2小節半を費やすナナメの線で、まるで揚力がはたらいているみたいです。

9小節目以降は対照的。第5音→主音(ⅰ)のジャンプアップののち、順次進行で主音(ⅰ)〜第3音(ⅲ)まで天井を突き上げる音形です。このモチーフが2度繰り返されます。

12小節目の後半からは、はらりはらりと木の葉がゆっくり身を翻しながら落ちていくような音形。順次進行でずっと降りていくかと思えば短3度で小上がりし、お仕舞いには歌い出しのメイン・モチーフを半分以下にきゅっと縮めたような音形がついて主音に着地。恋愛の繰り返される感情の波や熱情を思わせるメロディです。

背景、主題

歌詞は古語っぽくて、あまり見かけない文字列や単語、省略形がみてとれます。ましてや非ネイティブの私には「?」となる部分もありました。楽曲の背景や歌詞や翻訳は下記の参考サイトリンクほかを見てみてください。

恋愛、それも悲恋の歌のようです。身分の問題で結ばれることがなかった主人公の思い。

作詩されたのが1700年頃、作曲されたのが1838年頃、クリミア戦争孤児・未亡人などへの慈善活動を目的とした歌集に掲載されたのが1854年と、この時点まででも150年ほどの幅を持った「アクティブなコンテンツ」。それが今日の私のくちびるに宿るに至る。

むすびに

はじまりは1組のカップルの悲恋だったかもしれませんが、思いは300年を超えたのです。これはある意味、超越した「恋の成就」なのでは?

なんて、門外漢だから私がいえるのかもしれません。恋というのは至極パーソナル。論理でも営利でもない。感情と感情の一方的な好都合がたまたま合えばロマン、合わなければこの世の終わりなのだ。

それくらいの思いで詩を書いたのかもしれません。もっと理性でペンを走らせたのかもしれないけれど。

300年前の誰かさんの恋や愛の波は私に届いています、ハロー。

青沼詩郎

参考サイト

Wikipedia > アニーローリー

世界の民謡・童謡 > …アニーローリー Annie Laurie スコットランド民謡/父親に引き裂かれた二人の恋の行方は?

『Annie Laurie』が聴ける『The Very Best Of Deanna Durbin』。

イギリスのコーラス・グループ、スコラーズ(Scholars)が歌う。『プレミアム・ツイン・ベスト 庭の千草~なつかしきイギリス民謡』。

ご笑覧ください 拙演