夢を見た。

最近けっこう無理をしている。

とくに平日は無理が大きいみたいで、睡眠時間も少ない。

疲れもたまっている。

すると、ほとんど夢を見ない。

昨日はたまたま休みだったから、いつもの平日よりも少しだけ余裕があったのかもしれない。

そこで夢を見たわけだ。

夢には余白がいる。

そこに書き込む(描き込む)のが夢なのだ。

ヘンな夢だった。

知り合いのおじさんがやってくる。

ヘンテコな、ゴテゴテした、西洋邸宅のドアノッカーみたいな金具を顔面の正位置にあしらっている。蹄鉄(馬の蹄をまもる金具)みたいな形のやつ。

それはフェイスシールドなのだという。おじさんがそう言ったのか、私が勝手に理解したのかわからない。夢はときに、そういう話の進み方をする。だって、客観的な理解のために十分な説明をする必要がないんだもの。お客さんは私ひとり。そのお客さんの頭の中でのできごとが夢なんだから。説明はいくらでも省略できる。現実にこういう作品がもっとあってもいいような気もするけれど、それじゃ誰もついて来れないかもな。私だけのための専用映画。私ひとりでいくら支払えばいい? 採算は問題じゃないか。

知り合いのおじさんは、知り合いであって知り合いじゃない。私の知っているいくつもの人格が混ざっているからだ。架空の人物だ。それぞれ人格の所有者は例外なくおじさんなのだと思う。それから、中にはテレビとかのメディアで見て一方的に知っているだけのおじさんも含まれている。自由なコピペとカクテルでつくられた、架空のへんなおじさん。

このおじさんは大変魅力的だ。ウィットに飛んでいて、いつもとぼけたことを言っている。私はそれをわかった気になって、くすくす笑っている。このおじさんの一面は、現実で私が知る、実在のあるおじさんの一面であって、なおかつすべてがそうとも言い切れない。夢だからだ。

合唱曲 夢の世界を

作詞・芙龍明子、作曲・橋本祥路(『時の旅人』ほかを作曲、合唱曲の編曲も多数)。

ネット上に、演奏者名をちゃんと明かした音源が意外と少ない?

YouTube検索では演奏者がわからないものばかりがヒット。

YouTube外で探したら渡瀬 昌治 指揮/神代混声合唱団による『夢の世界を』が見つかった。聴ける人はお試しあれ。

サビ前のピアノのフィルの半音下行が好き。

おじさんはよく、だじゃれを言う。ウィットなんてどこかに置いてきて、音韻、韻律に関連を見出して一緒にしてしまうのだ。

ものごと同士のあいだに共通点や関連を見出す力は、生きるほどに増える。

生きてきたおじさんが好きだ。

死んできたおじさん?

そんなのはいないよ。

青沼詩郎

『ぼくの好きな先生』を収録したRCサクセションのベスト