インディーズ時代の2作とメジャー初期作『ダイヤモンド』

BUMP OF CHICKENは私の中学生時代のヒーローだ。心の中は今もそのままでいる。

彼らのインディーズ時代のアルバム『FLAME VEIN』(1999)『THE LIVING DEAD』(2000)を繰り返し聴いた。(なんとなく、もっと前にリリースされたものを中学生時代の私が聴いていたと思い込んでいたけれど、意外と当時の最新リリースをその時期に聴いていたことにいま気付く。)

それからメジャーでのファーストアルバム『jupiter』も前2作と同じくらい繰り返し聴いた。『jupiter』に収録されていて、彼らのメジャーでのファーストシングルでもある『ダイヤモンド』も大好きな曲。

省押韻で際立つリアル

改めて聴いてみて自覚したことがある。

歌詞に、押韻が少ない。

もちろん、ないわけではない。というか、軸がそこではない(サビ頭のように、印象づける「反復」はある)。ストーリー主導であり、「押韻に頼らない」というのが的確だろうか。

歌詞を書くときに、押韻は手引きになる。それは同時に「押韻依存」に陥り、主人公の存在感や心情描写を希薄にする可能性を孕む。

『ダイヤモンド』を聴いて、BUMP OF CHICKENについて改めて思った。彼らの紡ぐ文章(つまり歌詞)には、結びに向かって進む力がある。その源はときに弱い心や脆い意志、不安や寂寥かもしれない。道の途中で揺れ惑うこともある。「押韻」が遊ぶ余地はない。ありのままの語りこそが、優れた真実の描写になる。

歌詞にみられる、登場人物の心情や関係の変化。気付き。自分を見つめ直す目線。そのまなざしがそのまま歌になっている。そこには私にとってのリアルな藤原基央(BUMP OF CHICKENのVocal & Guitar。『ダイヤモンド』作詞・作曲者)の姿がある。

サンドイッチの構造

『ダイヤモンド』はメロ(ヒラウタ)で始まり、メロで帰結する構成になっている。この骨格は、「語り部」を描くのに相性が良さそうだ。シングル『ダイヤモンド』のカップリング曲『ラフ・メイカー』もこの構造になっているし、インディーズ時代2作目の『THE LIVING DEAD』はアルバム単位でこのつくりになっている。『Opening』『Ending』という、同じ個性を持ったふたつのトラックにほかの収録曲が挟まれた曲順になっている。これに登場する「語り部」は『ラフ・メイカー』で描かれたのと同一人物を思わせる。『Opening』『Ending』はまとめられて、カップリング集『present from you』(2008)のラストトラックで『プレゼント』としてひとつの楽曲になっている。このカップリング集のオープニング・トラックは『ラフ・メイカー』だ。ここにもサンドイッチの構造がある。

最近BUMP OF CHICKEN

新曲『Gravity』が9月18日公開のアニメ映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の主題歌に。

藤原基央は8月23日、BUMP OF CHICKEN公式サイトで結婚を発表。おめでとうございます。

青沼詩郎

BUMP OF CHICKEN
https://www.bumpofchicken.com/