映像 テノール歌手 ニコライ・ゲッダ

曲について

アイルランド民謡。 ある村人の女性が口ずさむものをアイルランドの詩人、ウィリアム・バトラー・イェイツ(William Butler Yeats)が採取・編集し発表したといいます。

オーラ・ファロン『Down by the Sally Gardens』を聴く

オーラ・ファロンのトラックを聴いて「幻想的」と思った理由をさがしました。シンセ・ストリングス風のサウンドが、動き少なに、サスティン……音を長く伸ばし、保持するからかなと思いました。

オーラ・ファロンの歌唱は解像度高く、子音が近くではじけて、空間へ立体的に飛んでいくかのようです。このあたりも「幻想的」を手伝っているかもしれません。

ピアノはブライト。明るく輝かしい音。低音の重さは控えており、そのぶんシンセ・ストリングスの低音がどっしりと雄大に感じられる気がします。

感想にケルト笛(不正確に私がそう呼んでいます)のようなものが聴こえます。生演奏でしょうか。ややプログラミング風に聴こえなくもないですがわかりません。ケルト音楽でつかわれる笛……楽器の名前はなんでしょう。ティン・ホイッスルでしょうか。タイタニックのアノ曲(マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン)で聴いた音に似ています。

AZUMA HITOMI『Down by the Sally Gardens』を聴く

左右の明るくふくよかな2本のアコースティック・ギターが伴奏の軸。

コンパクトな編成を思わせておきながら、意外と大所帯であることが中盤わかります。アコースティック・ベースやジャバラ系楽器?のようなリード系の非減衰の楽器……(これもアイルランド音楽でつかわれるものだと思いますが)それにティン・ホイッスルもいるようです。

AZUMA HITOMIの歌唱がこの楽団を率い、和をみせます。芯の強さ・太さや広がりよりは、エモーショナルで華奢、繊細さを感じさせる歌唱です。ずっと前にアニメ『フラクタル』のエンディングでこのAZUMA HITOMIのトラックがつかわれているのを聴いて、いいなと思ったのです。

世界の民謡・童謡 > ホーム > 世界各国の歌 > アイルランド民謡 > サリーガーデン Down by the Salley Gardens アイルランド民謡/恋はあせらず やなぎの木に葉が茂るように サリーが意味するところの柳。その木材は生活物資でもあったのですね。生活の風景に自然と柳の木があったのでしょう。若かった自分を顧みた歌詞がほろ苦い。

ケルティック・ウーマン(ユニバーサル・ミュージック・ジャパン)

AZUMA HITOMI(Twitter)

『Down by the Sally Gardens』を収録したOrla Fallonのアルバム『The Water Is Wide』(2006)

『Down by the Sally Gardens』を収録したAZUMA HITOMIのシングル『ハリネズミ』(2011)

ご笑覧ください 拙演