映像

何やら精密そうな機械で作業する男性。離席し窓を開ける。みおろすと……ギターをひいてうたっている女性。白い部屋着のような服装。白いヘアターバン?で髪をアップしています。男性のほうへ気づく、歌っていた女性。音声はカットされていますが、女性が何をしているのか尋ねると、“書いてる”とひとことする男性。作家なのでしょうか。機械はタイプライターか何かだったのかもしれません。「ちょっと待ってて、行くよ」風のしぐさを男性が手で示し、通用口あるいは玄関のほうへまわると別の女性が入ってきて映像は切れています。

ロマンティックな夜の風景を思わせる曲ですが、意外とこのシーンは朝っぽいですね。でなくとも午前中か。辺りは明るいように見えます。女性の目が憂いているふうになんとなく見えるのは曲想のせいでしょうか。

曲について

映画『ティファニーで朝食を』(1961)でオードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)が歌った劇中歌。 作詞:ジョニー・マーサー(Johnny Mercer)、作曲:ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini)。

オードリー・ヘップバーン『Moon River』を聴く

ポロポロと憂いげなギターのやさしいピッキング。1拍目でルート、2・3拍目でアルペジオ風に上声とリズムを表現するストロークです。折り返しからストリングス・オケが入ってきますね。恋人に愛をささやきかけるようなオードリー・ヘップバーンの歌声がセクシーです。子音が近くてドキドキしてしまいますね。エンディングの和音がメチャおしゃれ。グロッケンが奥ゆかしくささやかなトーンでチラチラリと華を添えます。やわらかく弾力ある材のマレットをつかっているのでしょうか。最後のプフォーン♪といった感じのストローク一発はビブラフォンでしょうか。魅惑の揺らめき。

オードリー・ヘップバーンが歌う『Moon River』を収録したオリジナル・サウンドトラック『Breakfast at Tiffany’s』再発盤(2011)。

オードリー・ヘップバーンの歌うムーン・リバーを初めて収録したのがこちらの『ムーン・リバー 〜オードリー・ヘプバーン スクリーン・テーマ・ベスト』(1993)。

ご笑覧ください 拙演