盤面のアート

幼心の私のヒーローのひとつが、L’Arc〜en〜Ciel。

私には5歳上の兄がいる。

彼はまめに、ポップのヒットチャートを1位から10位まで全部借りてきてカセットに落とすという活動にいそしんだ。当時の兄がティーンエイジャー、中学生や高校生だった頃なので、私はその5歳下だったから小学生だった。

兄はなかでもCHAGE&ASKAが好きだったようで、4枚組くらいのボックスセットみたいな商品を持っていた。当時の私の目にはたいへん貴重なものに見えた。

そうやって兄がまめに仕入れてきていた音楽の中に、L’Arc〜en〜Cielがあった。『DIVE TO BLUE』『winter fall』なんかは縦長ジャケットの8センチシングルが家にあったと思う。私自身は直接CDを再生するか、MDに音楽を移して楽しんでいた。ちょうどそれくらいの時期に、カセットからMDへのうつろいがあったのだと思う(今では、MDではなくカセットが生き残った)。

中学生くらいになると、たまにL’Arc〜en〜CielのCDを自分で買った。中学生になって、私はエレキギターを始めた。同じ塾に通っていた、小学生の頃からの友人の熱心な誘いに乗って始めたのだった。彼はB’z、特に松本氏の大ファンだった。

中学に入って、私にはギター仲間ができた。彼と一緒に、いろんなJポップソングをやった。その中に、L’Arc〜en〜Cielの曲もあった。原曲はバンドなのに、よくコンビでやったと思う。

中でも思い出深いのが『STAY AWAY』だった。これは、中学校の卒業パーティで演奏した。会場は中学校の音楽室だった(今思うと、よく許可されたなと思う。音楽の先生がいい人で、私含め友人たちに敬愛された人だった)。そのときは仲間を増やして、バンド編成でやった。私はドラムを叩いた。吹奏楽部のない中学校だったから、ドラムはどこかから借りてきたのだ。楽器メンバーとは別に、ダンスの友達も加わってやった。

『STAY AWAY』は、MVにダンスのパフォーマンスがある。これが、当時、コマーシャルなんかにも使われていた。たいへん目をひくものだった。私も、シングルCDを買った。今でも手元にある。

メンバーが躍っているのだけれど、これはCGだそうだ。メンバーは実際には躍っていない。躍る案もあったが実現しなかったらしい。でもむしろこの「不自然さ」がかえって味になった。味というか、不気味さが観るものの関心を惹いたと思う。

ラルクといえば、そういう、観るものの興味をひきつける発信をたくさんしていた。大人になったいま、あらためてWikipediaを読みながら思い出した。自由な発想で、自分たちで決めて納得した発信をするというスタンスを、彼らのカッコ良さや魅力として私は感じていたんじゃないかと思う。

『STAY AWAY』、それから映画『FINAL FANTASY』のテーマ曲『Spirit dreams inside』などを発表して以来、しばらく彼らのラルクとしての活動の発表は私に届かなくなった。私は高校生になった。そういう変化もあって、ラルク浸りだった私もいつのまにかどこかへ隠れてしまった。

サブスクの隆盛がめざましく、最近になって(近年になって?)ラルクは大量の音源やらMVを解禁している様子。ここに来て出会い直しができたのもそのおかげだ。

『STAY AWAY』は疾走感ある爽快な曲だ。kenのへろへろ音程が揺れるギターソロが特徴的。ストラトギターに装備された「アーム」を右手に握りながら(いや、かるく指にひっかけながら)演奏することでこの音の揺れが生じる。ベースのtetsuのブリブリに歪んだトーンとソロも特筆したい。ボーカルがギターを持たないパターンの4ピースバンドの自由さがある。私の好みだとJUDY AND MARYを思い出す。yukihiroのスコンスコンと抜けたカラリとしたドラムサウンドも気持ちいい。作詞はhyde、作曲はtetsu。メンバーみんな曲を書くバンドだけど、tetsuの曲には中性的な色めきがある。透明感というかなんというか、美しさ・儚さというか。『Pieces』とかにもそれを思う。

青沼詩郎

L’Arc〜en〜Ciel

https://www.larc-en-ciel.com/