高校生のときに「ベストアルバム漁り」をよくやった。

町のTSUTAYAで知りもしない洋楽アーティストのベスト盤を目をつぶって適当に触ったやつをとってくるという戯れだ。ベストアルバム以外でも洋楽タイトルを直感でひっつかんで持ってくるというのはさんざんやった。もちろんお金を払っている。

映画Cocktail』(1988)の存在を知ったのは、たぶんテレビだったと思う。映画をちゃんと見た記憶がないからテレビ放送の予告か何かを見て知ったのじゃないかと思う。

あるいは、このおぼろげな記憶も大うそかもしれない。レンタルショップの音楽コーナーで、先に述べたみたいな「洋楽漁り」をしていてサントラ盤を知ったのだったか。

とにかく音楽がいいのだ。テレビの放送告知のバックで流れる音楽がよかった。あるいは、記憶に残っていないだけで映画をテレビ放送で観たのかもしれない。タイムマシンで過去に行けたら、この曲との出会いを探りに行きたい。もっと他にあるだろうに。

とにかく音楽がいいのだ。The Beach BoysKokomo』が入っている。

それから確か、このサントラをなんとしてでも引き寄せたいという強い動機を私に生じさせたきっかけの曲は『Hippy Hippy Shake』だったと思う。強い押しのシャウトボーカルがロックンロール・ビートに乗ってカッコ良かった。何これ?! と思ってサントラをレンタル屋に探しに行ったんじゃなかったか。そう、私は『Hippy Hippy Shake』をChan Romeroのオリジナル(1959)でもThe Beatlesのカバー(1963)でもなく、映画『Cocktail』のサントラ盤のThe Georgia Satellitesの演奏で知ったのだ。…それ以前にも一度や二度、Chan RomeroによるオリジナルやThe Beatlesほかカバーによる音源を耳にしていたかもしれないが…。混同させるのは、ロックンロール・ビートに似た曲が多いからかもしれない。というか、この典型を用いれば似た曲になるのだ。

Cocktail』サントラで特筆したいのがBobby McFerrinDon’t Worry, Be Happy』。これ、楽器を一切使っていない。完全ナマオトオンリーのひとり多重録音だ。新型ウィルスの流行と巣ごもり活動の隆盛で多重録音する人、その発表や発信が一気に増えた印象があった先の春〜ゴールデンウィーク前後だったけれど、そんなのよりもずっとずっと前にBobby McFerrinはこんな芸当をやってのけた。アメリカのヒットチャートで楽器を一切使わない曲が1位になったのは初めてのことだったそう。また、ジャズ・ミュージシャンとしてはLouis Armstrong以来となるそう。1988グラミー賞の「Song of the year」「Best Pop Vocal Performance, male」「Record of the year」 を『Don’t Worry, Be Happy』で受賞(Wikipedia

いい音楽を潤沢に携えた、夏に観たい娯楽映画という感じか…『Cocktail』はトム・クルーズ主演、言わずもがな。

青沼詩郎