しんみりと夕焼け

フジテレビの深夜アニメ、ノイタミナで『つり球』が放送されたとき、主題歌がフジファブリックだったので驚いた。うわぁ、いいなぁと思った。

フジファブリックを初めて知ったのはいつだったか。私が中学生や高校生だった頃にさんざん音楽の録音に使っていたMDを、フジファブリックを楽しむのに使った記憶がない。iPodを使っていた。

テレビで『モノノケハカランダ』がかかるCMを見て、彼らのことを知った記憶がある。メンバーがキツネに扮したビジュアルが印象的だった。『モノノケハカランダ』が収録されている『FAB FOX』(2005年11月9日発売)がリリースされる時期だったのだと思う。この頃、私は高校を卒業して音大受験のために浪人生をしていた。

テレビCMを見て、とても気にはなっていたけれど、すぐに私は摂取しに行かなかった。このとき浪人受験生の身だったのもあるかないかわからない。私やロックやポップっぽい音楽を志しているにも関わらず、その前提でクラシックを中心にした音大のクラシックを中心に学ぶ学科を志していた。音大受験生が音楽の摂取を遠ざけるのはおかしいと今では思う。その頃は、クラシックピアノの実技や音楽理論の勉強で心がすさんでいたかもしれない。

2006年4月ー2010年3月のあいだ、私は音楽大学に通った。フジファブリックをはじめてちゃんと聴いたのが、その期間だったか、それよりもあとだったかわからない。この間、2009年12月にフジファブリックのボーカルギター・志村正彦が急逝する。一大事だったと思う。割とそれと近い時期に、私はフジファブリックを聴き始めたんじゃないか。彼の逝去のニュースが、直接のきっかけだったかどうかは覚えていない。

そこから、2012年4月にフジテレビ・ノイタミナ『つり球』で『徒然モノクローム』が流れるまでの間にはすでに、私はフジファブリックを楽しんでいた。それは間違いない。『つり球』で『徒然モノクローム』が流れたときに、「(志村正彦のいない編成で)フジファブがやってくれた!」そう思った記憶があるからだ。それは確かだった。相変わらず(いや、相変わらずなんてのは実際は大間違いで、私の知らないところで本当に大変なことがたくさんあったと想像するけど)フジファブリックが活躍していることを知ったのが、単純に嬉しかった。

今、ふと、あらためて『徒然モノクローム』を聴いた。猛烈にいま私は、ジーンとしている。2012年にテレビアニメでこれが流れたときとはまた違った感情だ。YouTubeのMVのフル動画の公開日が2020年4月23日とある。なんでも、同日からアニメ『つり球』が再放送されているんだとか。(畜生、知らなかった)

歌詞に、アニメの主要登場キャラの名が隠されているそう。遊び心を持って、丁寧に、誠心誠意つくったんじゃないかと想像する。この『徒然モノクローム』は、山内総一郎、加藤慎一、金澤ダイスケの3人編成になって以降「最初のシングル」だそうだ。相変わらずの活躍でいながら、まったく新しい体制でのぞむ、そこへの態度が、最高のかたちで出ていると私は思った。

青沼詩郎

フジファブリック
https://www.fujifabric.com/

フジファブリック(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF