先日FishmansいかれたBaby』について書いた

Fishmansは私にPolarisへの導入をくれた。Fishmansのメンバーだった柏原譲(ベース)がPolarisのメンバーでもあるからだ。

両者の音楽を私は切っても切り離せない。私の中でとても、近い位置付けにある。それは柏原譲というメンバーがかぶっているからだという説明だけでは不足するように思える。それでいて、その不足を補う知見が私には欠けている。

FishmansとPolarisにおいて、私が共通点を感じる部分を言葉にする試みにお付き合いいただきたい。

FishmansとPolarisに私が思うところ

・音響がふわふわしている。残響のつくりかたのせいだろう。

・ボーカリストのトーンに「あそび」がある。これは「余裕」の意味の「あそび」だ。自由でのびのびとした印象を受けるし、力が抜けていて気持ちがいい。

・ベーシストはいわずもがな、メンバーがかぶっている。低いポジションにいながら引き締まっていてコシと輪郭ある音作りはベースサウンドの鑑だと思う。和声を刺激するフレージングも魅力。

・ドラムスが際立っている。Fishmansなら茂木欣一、Polarisなら元ドラマーだけど坂田学。スコスコパカンとさばけた音色、タイトでもオープンでも軽やかなコントロールと熱さ・密度。

以上がFishmansとPolarisの両方に私が感じる魅力を荒っぽく削り出した言葉。でもふたつのバンドを味わった私のリスニング体験はうすっぺらい。ライブ体験もない。語るにはあまりに貧弱なのは承知。音源だって全く網羅して聴取済みというのにも程遠い。だけども、このふたつのバンドの音楽に私は深く魅せられている。菌糸がのびるみたいに心に癒着している。

『深呼吸』

Polarisを思ったとき、『深呼吸』は最も早い段階で私の頭の中に立ち上がる曲のひとつ。

『深呼吸』MV

『深呼吸』(アルバム『Family』バージョン)

ピアノとコーラスに原田郁子(クラムボン)が参加している。彼女の担った役割は大きい。サウンドに重要な趣。ビアノのグルーヴと声のトーンはハナ(華)。

コード進行とベースフレーズ

|Ⅵm-ⅡM|Ⅳ-Ⅰ|を繰り返す平歌。

サビで|Ⅳ-ⅢM|Ⅵ(,Ⅵ♭)-Ⅴ,Ⅰ|Ⅳ-Ⅴ|Ⅵ(,Ⅵ♭)-Ⅴ,Ⅰ|というパターンになる。2,4小節目でベースが半音進行する。こういったフレージングが低音の動線の解像度を上げていて上声の響きにも複雑に作用していると思う。私が彼らの曲を猛烈に好きなのはこういう響きの波長の複雑な模様のせいなのかもしれない。ストロークのリズムについてみても、拍の頭に8分音符を連打したかと思えは拍頭の8分音符ひとつ抜いて休符を入れることもあって、細かく引っ掛かりをつくっている。この緊張感と安定の両輪で曲が前に進んでいく。

私がFishmansとPolarisに猛烈に惹かれる理由はベースの柏原譲が共通していることだけが理由じゃない…という仮説を秘めて書き出してみたけれど、蓋をあけて言葉をならべてみると、なあんだヤッパリ。私はどうやら柏原譲のベースにムチャクチャ惹かれているようだ。とりあえず、言葉にするのを試みたところ答弁の分量的にそうなってしまった。もちろん他のパートも猛烈に好きだしベースだけで楽曲が成立するわけじゃないのは重々承知。そうやってベースの魅力を存分に味わわせる動機が得られるのはバンド全体、他のパートとの関係との機微があってこそ。いやホント全部好きなんですよ。どう言葉にしたものかわからない。

後記

言葉にうまくできないんだけど猛烈に好きなバンドというのが私にはしばしばある。Polarisはその筆頭で、「筆」頭といいつつあまり書けずに(語れずに)いる(前に『コスタリカ』という曲に触れたことはあるが)。そういう、「言葉にさせない」くらいなのが音楽における理想のようにも思う。彼らの「音」に、私は「言葉」で反応することができない。だからこそ、彼らの「音楽」(具体的な要素をいえばリズムやメロディやハーモニー等)は私の発する「音楽」に大きく影響を与えている。「言葉」で反応できないから私は「音楽」で反応しているのだ。それを皆様に客観的にわかっていただけるような活躍が私にないので全くおわかりいただけないと思う。

青沼詩郎

Polaris 公式サイトへのリンク

青沼詩郎のソロ音楽ユニット「bandshijin」公式(自称)サイトへのリンク

『深呼吸』(アルバムバージョン)を収録したPolarisのアルバム『Family』(2003)

『深呼吸』(シングル版か)を収録したPolarisのベストアルバム『音色』
(2006)

ご笑覧ください 拙演