先日このブログで紹介したキセル。京都出身の兄弟音楽ユニットだ。

素敵な楽曲を素敵なミュージシャン、歌い手たちに提供している人でもある。

また、彼らのオリジナルをほかのミュージシャンがカバーしたり、共作するパターンもある。

斉藤和義によるカバーの『ベガ』(『紅盤』(2007年)で聴けます)、YUKIとの共作『砂漠に咲いた花』(『Commune』(2003年)で聴けます)なんかが真っ先に私の頭に浮かぶ。

それで、原田知世くちなしの丘』(作詞・作曲 辻村豪文 読み:つじむら たけふみ)もまたすごく叙情的で素敵な曲だ。

(繰り返しになるけれど、キセルは辻村豪文と辻村友晴(つじむらともはる)の2人組兄弟ユニットで、辻村豪文がお兄さんである。)

原田知世による『くちなしの丘』は『music & me』(2007年)収録。また、『音楽と私』(2017年)でも別バージョンが聴ける。

music & me

私はキセルのファンでもあり、『SUKIMA MUSICS』(2011年、カクバリズム)のCDを持っているのだけれど、これにキセル本人によるパフォーマンスの『くちなしの丘』が収録されている。原田知世バージョンとはまた味わいが違って、こちらは宅録のあたたかみあるキセルらしいサウンド。

SUKIMA MUSICS

原田知世バージョンの『くちなしの丘』は、キセルバージョンと違って絹のような極上のポップスバラードになっている。

途中で聴こえるチェロの、完全に順次進行の上行音形にThe Beatlesの『Hello Goodbye』を思う。『music & me』プロデューサーの伊藤ゴローの計らいかもしれない。作曲者の辻村豪文もきっとThe Beatlesを尊敬していると勝手に思っている。(『SUKIMA MUSICS』disc2 track02ではキセルチック(?)なThe Beatlesのカバー『Sun King』が聴ける)

『くちなしの丘』は、ボーカルの音域がきれいに1オクターブにおさまっている。ヒラウタやBメロから順次進行あり跳躍進行ありの豊かなメロディラインになっている。そしてサビでは、8分音符を連続してやさしく置くメロディがグルーブを生む。リッチで美しい。辻村豪文のコーラスボーカルがニクい。

間奏部(3:12頃〜)では、ミュージカル・ソウがきこえる。ポルタメントが魅力の、字のごとく、音楽につかうノコギリである。キセルの定番サウンドだけど、これを演奏するのは弟さんの辻村友晴だ。原田知世『くちなしの丘』も、兄弟で参加しているのかもしれない。手元で確認できないが、ベースもそうなのかな?

イントロで聴けるベースラインはキセルバージョンの『くちなしの丘』でアコギの音だったものが転位したよう。順次進行を基にした、やさしい旋律だ。

原田知世『くちなしの丘』のMVが素敵。ぜひご堪能ください。キセルも素晴らしいミュージシャンだからめいめい掘ってください。

青沼詩郎

Harada Tomoyo Official Site
http://haradatomoyo.com/

Kicell Official Website
http://nidan-bed.com/