先日このブログで紹介したキセル。京都出身の音楽ユニットだ。辻村豪文(つじむらたけふみ)と辻村友晴(つじむらともはる)の兄弟で、辻村豪文がお兄さん。

素敵な楽曲を素敵なミュージシャン、歌い手たちに提供している人でもある。

また、彼らのオリジナルをほかのミュージシャンがカバー、共作したパターンもある。

斉藤和義によるカバーの『ベガ』(『紅盤』(2007年)で聴けます)、YUKIとの共作『砂漠に咲いた花』(『Commune』(2003年)で聴けます)が真っ先に私の頭に浮かぶ。

それから原田知世くちなしの丘』(作詞・作曲:辻村豪文)。叙情的で素敵な曲。

原田知世による『くちなしの丘』は『music & me』(2007年)収録。『音楽と私』(2017年)でも別バージョンが聴ける。

ひとえに私はキセルのファンであり、CD『SUKIMA MUSICS』(2011年、カクバリズム)を持っているのだけれど、これにキセルによるセルフカバーバージョンの『くちなしの丘』が収録されている。原田知世バージョンとはまた味わいが違って、宅録のような空気感。

原田知世の『くちなしの丘』は、キセルバージョンと違って絹のような耳触りのポップバラード。

途中で聴こえるチェロの順次進行の上行音形にThe Beatlesの『Hello Goodbye』を思う。『music & me』プロデューサーの伊藤ゴローの計らいかもしれない。作曲者の辻村豪文もきっとThe Beatlesを尊敬していると私は勝手に思っている(『SUKIMA MUSICS』disc2 track02ではキセルチック(?)なThe Beatlesのカバー『Sun King』が聴ける)。

『くちなしの丘』は、ボーカルの音域がきれいに1オクターブにおさまっている。ヒラウタやBメロに順次進行あり跳躍進行ありの豊かなメロディ。サビでは、8分音符を連続してやさしく置く。これがグルーヴを生む。贅沢さとは違う豊かさがある。辻村豪文のコーラスボーカルが粋。

間奏部(3:12頃〜)では、ミュージカル・ソウがきこえる。ポルタメントが魅力の、字のごとく音楽につかうノコギリ。キセルの定番サウンドだけど、これを演奏するのは弟さんの辻村友晴。原田知世『くちなしの丘』も、兄弟で参加しているのか。手元で確認できないけれどベースの演奏もそうなのかな?

イントロで聴けるベースラインはキセルバージョンの『くちなしの丘』でアコギの音だったものが転位したよう。順次進行を基にした、やさしい旋律。

原田知世『くちなしの丘』のMVが素敵。ぜひご堪能ください。キセルも素晴らしいミュージシャンなので、これから知る方はぜひ深く掘ってください。

青沼詩郎

Harada Tomoyo Official Site
http://haradatomoyo.com/

Kicell Official Website
http://nidan-bed.com/

ご笑覧ください 拙演