京都から飛び出したバンド、浪漫革命は最近の私のツイッタータイムラインをにぎわすニューヒーローだ。2020年7月22日、彼らは2nd full album『ROMANTIC LOVE』を出した。視聴メモをここにしたためる。

1『ふれたくて』

The Jackson 5『I Want You Back』的なパーティーサウンドを思い出させる。浪漫革命の人懐っこさが冒頭から滲み出る。あえて打ち込みっぽい耳触りに仕上げられたドラムサウンドがいい。 Bメロ歌詞 “夜は”の跳躍音程に「浪漫革命っぽさ」を感じるのは、私に彼らのメロディセンスが浸透した証拠。抑えた雰囲気のままのギターソロが渋い。2メロでハネを抑えた16ビート。2回目のギターソロでパーカッシブなオルガンも入ってくる。「ジャダラララ」というサビ頭のストロークもハネを抑えている。音楽を構成する芸が深く、細かい。ボーカル・藤澤信次郎の冒頭と同じハイトーンボイスのコーラスに返ってきてフィニッシュ。パーティが始まった感。

MVはコロナ禍に真っ向からウィットとアイディアで挑んだ印象(観客も演者もみな透明なバルーンに入って素晴らしいライブパフォーマンスをしたThe Flaming Lips『Race For The Prize』の映像を思い出す。参考:https://bandshijin.com/review-the-flaming-lips-flowers-of-neptune-6/)。喫茶店の客、町行く人もみな防護服。「愛するからこそさわらない。」のコピーポスター。架空の映画?『もう一度だけ君にふれたくて』のポスターの役者も防護服のまま。芸の細かさに感服。防護服、光ってるのはなんでだろう。監督・撮影、加藤マニ。衣装の大水萌々には特に拍手を送りたい。もちろん、すべては浪漫革命によるこの名ラブソングあっての作品だ。

2『ラブストーリー』
イントロのナインスの響きがくるり『すけべな女の子』、ビートの食い方は『ロックンロール』を思わせる。私が最も敬愛するバンド・くるりの表現に通ずるものを浪漫革命はふんだんに持っている。1曲目の名残を思わせるコーラス、「ふっふーうー」。歌詞の“今君と息をすること”というフレーズに、息を吐くような「はっはっ」というコーラスが続くのがいい。サビ前のベースとギターのユニゾンおかずが巧妙。このフレーズはベーシスト・藤本卓馬主導なのではないかと私は想像する。最後のサビ中のベースのフィルインフレーズも曲を引き締めている。非常にセンスが高い。各サビの終わり際のボーカルの叫び上げに、くるり・岸田繁を感じる。曲の結尾の音の切れ際のルームリバーブがかっこいい。

3『あんなつぁ』

このアルバムのハイライト・トラック。私が浪漫革命の存在を知り、驚きと感心と嬉しさでいっぱいにしたきっかけのMVが『あんなつぁ』だった。「あなたは」「あの夏は」といった言葉を思わせる造語は発明。パッヘルベルのカノンを取り入れたギターソロ。君との思い出の曲なのだろうか?

MVはまるで一本の映画だ。間奏のギターソロにあたるシーンでは、主人公が泣いている女性にハンカチを渡す。彼のバイト先(?)の店が謎。(※)主人公が貸したハンカチが返ってきて、2人は接近する。彼女の笑顔が見える。監督は馬杉雅喜。浪漫革命メンバーも出演しているよう。主人公と麻雀卓を囲んでいるシーンだろうか。

4『ラブソング』
参照元が思い出せないが、常套句のようなベースリフのイントロ。同名曲が多そうなタイトルだが、本質的で重要なことを一級の押韻を交えた歌詞で表現していて見事。少し右左にずれて入れ替わるギターソロは、ギタリストが2人いる(ボーカル・藤澤信次郎も弾けば3本だ)編成ならでは。静かになった平歌でユニゾンするベースとギター。棹もののコンビネーションが優れたバンドだ。

5『深夜バス』
図太いコンプ感が私の好みど真ん中。浮遊感ある。深い歪みと、曲に描くロマンスの対比が効いている。第3音の長短の入れ替わりをつかった冒頭のギターリフがいい。京都出身の彼らが深夜バスで新宿あたりに遠征して行く営みを想像する。その生活を共に味わうパートナーを西に残して「東」へ行くのかな。これも浪漫。

6『アバンチュール』
サーフロックのようなギターリバーブ、コーラス、ドラムの「ドンタタ」。カタカナ語でシメたラインが並ぶ。エロいサックスが絡むが、次第に爽やかに溶けて行く。6/8への変拍子。ラストの歪んだしゃべりはhide with Spread Beaver『ピンクスパイダー』を思い出す。銅鑼のフィニッシュも私が高校時代に聴いたメロコア系バンドにあったな、なんだったっけ。ロックンロール、ポップの語彙・常套句の波状攻撃。音楽愛のなせる技。これをまとめあげているのがすごい。

7『Showが始まる』
ジャズポップ風。ホイッスル、ベルなどの鳴りもの、マンドリン? 効果音的な奏法。サウンドの登場人物、表現の幅、にぎやかさで「祭り」を醸している。いや、それに向かっていく期待感の曲かな。 

8『JUST DO IT』
ファンク風。“おっはーでマヨ×××チュ”は私(1986年生まれ)の世代のネタではないか。ひと世代若い彼らであろうに、よく知っていらっしゃる。歌詞は働く者の境遇を知るブルースだ。サビのⅤ→Ⅳ→Ⅰ進行が気持ちいい。間奏のしゃべりの遊びは彼らの1st Demo,EP,Album収録曲の『サマタイム』にもみられる。得意技として認定したい。『JUST DO IT』には「ピー」が多い。ギターソロにかぶせた犬の鳴き真似のような叫び。性別も年代も種族も越えてなんでも集まれの博愛を感じる。センターのボーカルと左右に振ったコーラスでサビの歌詞を分かつアイディアが面白い。コヨンコヨンなギターのコラースサウンドがサビの折り返しで効いてくる。

音楽性、エンタメ、恋に青春に満ちたポップロックアルバムが現代に生まれて嬉しい。

青沼詩郎

※「國島器械株式會社」とある。「Dream Science」と掲げられたのは社是なのか。私の表現でいうと、「理科実験道具屋」というのが一番近い。 彼女のうしろに見える文字「クリーンファースト」はラテックス製の手袋https://axel.as-1.co.jp/asone/d/6-3048-02/だ。

浪漫革命
https://roman-revolution.amebaownd.com/