ずっと西東京に住んでいる私。

昔は保谷だった。となり町は田無。ふたつはくっついて西東京になった。もうすぐ、2021年1月になればその合併20周年だったと記憶している。

西東京といったとき、西東京市のことを指すこともあるけれど、都心(23区)以西をざっくりいうときも使われている表現っぽい。立川や八王子も西東京地域に含められることがあるようなのだ。八王子には西東京バスというバス会社さん?もある。八王子なのに西東京。どっちなんだ。混乱を招きかねない。(誰か困る人?)

バンド、赤い公園は西東京地域出身だとかそうじゃないとか。私の記憶によればヒガシムラヤマあたりの高校出身だったような。同級生バンドに先輩の津野米咲が加わって、やがて赤い公園という名のバンドになった。

だから、たぶんメンバーは西東京市在住とかではないと思う。在住歴くらいはメンバーの誰かが持っていてもおかしくないが私は知らない。

そういうコマカイことを言いたがるのは、私が西東京出身者で在住者だからだ。西東京の現在や過去の情報に関心がある。わたしが西東京というときには、ほとんどの場合西東京市域を指す。市外を含めて西東京という表現を用いることは、私の場合はほぼない。

赤い公園『西東京』

そんな(どんな)バンド、赤い公園の楽曲に『西東京』がある。歌詞には田無タワーが出てくる。田無タワーは運営会社の名前で、電波塔の正しい名前はスカイタワー西東京。でも通称田無タワー。前者の正式名称はよくスカイツリーと混同する。似たようなもんか(誰か怒る人?)。

歌詞に出てくる田無タワーの照明が示す青色は、翌日の朝9時頃の天気が予報であることを意味する。の場合は晴れだ。こちらの色も歌詞に出てくる。歌詞に出てこない緑色は、曇り予報。

新青梅街道も歌詞に出てくる。私もしばしなチャリンコで新青梅街道を爆走する。歌詞に出てくるトラックを自分で運転して通ったことはない。近くのホームセンターで物理的に大きな買い物をしたら軽トラくらいなら借りられるかもしれない。

「田無タワーが紫に泣いてる」(赤い公園『西東京』より、作詞・作曲:津野米咲)と歌詞。紫は先に述べたように、明日晴れであることを示す。明日は明日として、今はどうなんだ? それは知らないけど、晴れのときこそなんとなく死にたいような、まぶしさが刺さるような気分になることってないだろうか? そんな気分のことを描いたかどうか全く知らないが、「紫に泣いてる」という表現を私は気に入っている。

サウンドがすんごい。ハードコアな感じ? なのにメロディは歌謡曲。ギターの不協和音が変態的。ベースは1Bメロまでよくわからん音程をとっていてコードもよくわからない。ドラムはバカスカ。激しいフレーズを一糸乱さず。とにかく轟音。でもアコギのストロークもハマッている。ボーカルの音域が広い。低いとこは低いし高いとこは高い。メンバーの演奏力があますところなく伝わってきて魅力的。

ライブ映像

青沼詩郎

赤い公園 公式サイトへのリンクhttps://www.akaiko-en.com/

『西東京』を収録した赤い公園のアルバム『純情ランドセル』(2016)

ご笑覧ください 拙カバー

青沼詩郎Facebookより

“歌詞に田無タワーが登場するというので知った曲。
ハードコア歌謡? 赤い公園の規格外な魅力の一端が約2分に詰まっている。
西東京地域から都心への訪問を「上京」と表現。
おしゃれなかっふぇで写真を撮ってしまう人は「だいたい西東京」なのか。そう言われるとそうとしか見えなくなる…かも?
おかしさと悲哀が詰まった歌詞と音楽がいかれてて楽しい。
歌詞に出てくるタワーの色は翌日午前9時頃の天気予報。青は雨、紫は晴れ。”

https://www.facebook.com/shiro.aonuma/posts/3493258574101125