はじける

先日、打ち込みについて思っていたら岡村靖幸の『ビバナミダ』に行き着いたという話をこのブログに書いた(そしてこの導入はレイ・パーカー・ジュニア『Ghostbusters』についてこのブログに書いた時にも使ったので二回目)。

岡村靖幸の魅力的な「シンセ使い」からどうにも私には思い出さずにおれない人がいる。岡崎体育である。

岡崎体育を私が初めて知ったのは、アニメ『船を編む』(2016)を観ているときだった。オープニングテーマが岡崎体育の『潮風』だったのだ。すごい才能が来たなと思った。

ポップでデジデジで押し出しの強いビート全開のシンセサウンド。音読みのカタイ響きの単語をリズミカルかつ鋭く並べ立てた歌詞がカッコイイ。ツカミとフックに富んでいる。

歌詞 https://www.uta-net.com/song/220152/

ボーカルにパワーがあって、ちょっとフジファブリックの志村正彦を思い出すような語尾のずり下げポルタメントも私のツボだ。透明感あるリバーブが気持ちいい。ファットな歌声に元気をもらえる。類い稀な、新しいポップアイコンと私は出会った。

歌詞も、アニメ(あるいは三浦しをんによる原作小説)の内容を知った上でみていくときちんと内容やテーマ、物語の舞台に沿っている、あるいは比喩として理解可能な語彙が感じられる。それらが、シンセサウンドに乗って疾走している。Bメロや間奏に絡むピアノも美しい。

原作ならびにアニメはざっくり言うと、辞書編集者の主人公とその周りを描いたドラマだ。登場人物たちが魅力的でリアルもあった。大人になって、出会って良かったと思えるアニメだった。

「ことばの蒐集」「編集」といった仕事のシーン。それから、個人の内面や心象を描く表現が尊い。知性体、そして感情の主体としての人間の崇高さを賛辞したくなる、静謐かつ熱情のある素敵な作品だった。その世界を、圧倒的なパワーと個性で、まるで水上花火のようなエンターテイメントに昇華して大海に浮かべた岡崎体育がすごい。ちなみに、歌声がものっすごいイケメンだと思う。

青沼詩郎

岡崎体育
https://okazakitaiiku.com/

アニメ 『船を編む』
https://www.funewoamu.com/