おはようございます。

今晩は、くるり主催「京都音楽博覧会2020」配心です。

わくわくしながら私はくるりのレパートリーを鑑賞しています。

先々月の11日(土)には『LIVEWIRE くるり in 京都磔磔』がおこなわれました。

京都の老舗ライブハウス・磔磔からのライブ配信でした。

新型ウイルスによる感染症拡大の影響を受けて、予定していたツアー・特Qを中止した彼ら。

素早く未収録音源集のアルバム『thaw』を4月に配信、5月にCD発売しました。

そして7月に先の『LIVEWIRE くるり in 京都磔磔』。岸田繁のつかった言葉を借りていえば「エライことになった」世の中ですが、その中で模索しスピーディーにアクションを重ねるくるりを私は敬愛しています。

そして彼らが2007年〜毎年開催してきた「京都音楽博覧会」ですが、これも例年通りならば京都・梅小路公園に人を集めて開催するはこびだったであろうにも、この情勢に対して「配心」という方法・かたちに舵を切りました。それが本日2020年9月20日19時30分からなのです。

『LIVEWIRE くるり in 京都磔磔』でも、ラスト前に演奏された曲『奇跡』。そのときの演奏もナイスでした。サポートメンバー・松本大樹のリードギターがメロウでカッコ良かった。

そしてくるり4th DVD『武道館ライブ』に収録されている演奏がYouTubeに公開されています。

これがとんでもないクオリティ。完璧。こういう盲目的な表現は私・青沼詩郎は無闇につかわないように心がけているのですがくるりに関してはゆるくなってしまうただのファンです。そしてそんな私のごたごたは全部抜きにしてこのくるりの武道館での演奏はいくら誉めても誉めすぎることがない。マジで素晴らしいです。演奏メンバーの持ち寄ったすべての心が見事に機能しあっているのです。本当にパーフェクト。

ボトルネック奏法を用いたギターはフジファブリックの山内総一郎。目立っているパーカッショニストはくるり元メンバーの田中佑司。ドラムスは『LIVEWIRE くるり in 京都磔磔』でも素敵でした、BOBO。バッキング・ボーカルのクレジットがYoshito Fuchigami: Backing Vocal Yumi Endo: Backing Vocal Masayuki Okazaki: Backing Vocal となっています。(これらはすべてYouTube説明欄を参照・引用させていただいています。)あまり映らないのですがいちばん目立つ副旋律を歌っているのが渕上祥人さんでしょうか。映像上では強調されませんがこれ、音楽的にマジ素晴らしいです。ピッチ、ニュアンス、メインボーカル・岸田繁とのアンサンブルなど。そして鍵盤には世武裕子。4月に配信されたくるりのアルバム『thaw』の重要曲『心のなかの悪魔』でもピアノを担当されているのが記憶に新しい、くるりファンにはおなじみの秀でたミュージシャン・シンガーソングライター。

『奇跡』は是枝裕和監督映画『奇跡』(2011)主題歌。シングル、アルバム『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2』(2011)に収録されています。

映画は私が加入しているプライムビデオでも観られるのが確認できました。今度時間とって観たいと思います。

『奇跡』フルバージョンは先に紹介したアルバム『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2』で各社サブスクリプションサービス等で配信されています。

音源も当然ながらすばらしい。私が特に大好きなのが、すべての歌詞を終えたあとのエンディングにさしかかるときの佐藤征史によるベースソロです。そしてエンディング上で、低音Ⅴ(シ♭)上で鳴らされるⅠ7の響き、コーラスボーカルで表現した和声。この濁ったぶつかった緊張感がコード進行のアタマのⅣ(A♭)の響きに接続して長い後奏に緊張感をもたらしつづけ、その上で寸分たがわぬ精確な山内総一郎のスライドギターソロが鳴動しつづけます。

結果をみればくるり史上でも最も1曲の収録時間が長い曲のひとつですが、その時間を使い切って感動にわななくおよそ6分半。先に紹介した武道館ライブの演奏はさらに後奏がビルドアップされているようです。私の見立てではアルバム収録音源より16小節長いかな? 山内総一郎からソロが鍵盤の世武裕子に渡ります。名演たち。

と、今晩の「配心」に向けて気持ちが上がっているのをここに漏らしてみました。

お読みいただき、ありがとうございます。

青沼詩郎

(リンク) くるり オフィシャルサイトへ