9月20日にオンラインでおこなわれた京都音楽博覧会2020の見逃し配信期間がおわった。

くるり主催のこの催し、前半は岸田繁楽団とゲスト・シンガー。後半はくるりライブで構成。

ゲストの個性も堪能したし、京都音博らしい「世界」を意識した選曲も。

くるりの曲も、知っていたものでも見直すものが多くあった。

自分がどんなときにどんな状況でその曲にふれるかによっても感じ方がまったくちがう。

演奏がライブで一期一会のものならなおさらだ。音博2020は収録しておいたライブ演奏の映像を時刻に配信して、それ以降一週間はプレイバックが何度でもできるというものだった。完全な「生」のライブではなく収録だけれど、限定的なプレイバック可で、この催しのために特別に演奏したものだから、「生」と「収録」のあいだ、「半生」くらいかなぁなんて思った。

東京』はくるりのメジャーデビューシングル(1998)。彼らのメジャーファーストアルバム『さよならストレンジャー』(1999)にも収録されて、『ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER-』(2006)にも収録された。

シングル『東京』、アルバム『さよならストレンジャー』は佐久間正英プロデュース。私が生まれて初めて買ったアルバムはJUDY AND MARYPOP LIFE』だけれど、この作品のプロデューサーその人も佐久間正英。

『東京』を聴くと、上京してきた彼らの姿を想像する。井の頭公園とか新宿とか、私も知っている風景を彼らが歩く姿を想像する。東京での音楽活動は。人との関係は。毎日の生活は。どんなだったろう。深い仲の誰かに電話したんだろうか。それがこの曲になったんだろうか。

曲のできたいきさつのようなものがWikipediaにのっていた。アンアーバーというアーティストの曲を聴いて受けた影響がこの曲が生まれるきっかけになったのだという。

こちらのアーティストがそうだろう。英語で検索すると別の海外のバンドとかも出てくるから迷った。

ちょっと型くずれしたようなコードのセンスが独特。力みのない左右のボーカルが歌詞をまっすぐに伝える。初期のくるりに通ずるものを感じるのはなんだろう。純朴で明晰なのにクセがすごいのはなんだろう。「いなたい」かんじもたまらない。曲を書いてしまうほどの影響を与えるのもわかる気がする。私はゆらゆら帝国も思い出す。

くるり『東京』、広く知られている音楽はメジャーデビュー時のもの。

くるり『もしもし』というインディー盤のファーストアルバムがあって、昔、バンドをやっている友達に音源をシェアしてもらったんだけれど、なくなってしまった古いパソコンに入っていたのかデータがどこかへいってしまった。あれ、今聴きたいな〜と思ったらYouTubeにそちらバージョンの『東京』をみつけてしまった。

(シェアしていいやつかどうかわからんのでご興味ありましたらご自分で検索してみてください)

イントロのクセモノ感がすごい。くるりらしいと私はおもう。シューゲイザー風? メジャーのディレクションがあったかどうか、それがいかなるものだったのか知らないけれど、当時のくるりを「野放し」にしたらこういうヘンテコな味付けで素晴らしい歌詞と曲の音楽をやるんだろうな…などと妄想する。

歪んだギターのストローク、ガシャリとした盛り上がるところはメジャーヴァージョンとニュアンスは近い。ギターの音色はやや異なるけれど。歌詞やメロディの乗せ方が微妙にちがうところもある。曲の変化をたどることができて面白い。

こちらはおなじみのほう

青沼詩郎

『東京』も入っているくるりのベスト・アルバム
『東京』を最初に収録したアルバム『さよならストレンジャー』