岸洋子が歌った『夜明けのうた』。作詞:岩谷時子作曲:いずみたく。1964年にシングルがリリースされています。同年に坂本九もこの曲でシングルを出しています。1963年に坂本が主演したドラマ『ぼうや』の主題歌となったようです。ですので世間の認知が先なのは坂本版? 岸の持ち歌という認知が強めなのでしょうか。

先日このブログで取り上げた『恋の季節』(ピンキーとキラーズ)もいずみたく・岩谷時子作品です。

岩谷時子といえば私としては『友だちはいいもんだ』(劇団四季のミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』劇中歌)、『君といつまでも』(加山雄三)などが思い浮かびます。

いずみたく作品は、たとえば『手のひらを太陽に』『ゲゲゲの鬼太郎』『いい湯だな』ほか、その都度挙げるのがしんどいほどたくさん私好みの歌があり、私がこれから触れる楽しみがまだまだ先に控えています。リスナーが鑑賞するよりも早く書くのではないでしょうか…と思うほど多作で名曲揃いの作曲家です。

麗しの同形反復

いずみたく作品は、作曲のお手本にしたい要素がいっぱいです。

今日取り上げる『夜明けのうた』ではたとえばこんなこと。

いずみたく作品には、美しい同形反復が多いと思います。一定のリズムのパターンをくりかえす中で、その音程を変化させて起伏をつくり、音楽を展開させていく。これは頻出のいずみたくテク(言ってみたいだけ)です。

『夜明けのうた』歌い出し4小節目ごろ。“昨日の悲しみ 流しておくれ”のところにご注耳(ご注目)ください。“きのうの” “かなしみ” “ながして” の3つの句に分けてとらえてみてください。「ファ・ファ・ミ・レ」→「ソ・ソ・ファ・ミ」→「ラ・ラ・ソ・ファ♯」(※Cメージャー調の場合)と、3つのフレーズの頭が順次進行(となりあう音へのうつろい。階段を一段ずつのぼる感じの進行です)しています。かつ、フレーズから次のフレーズに移ろう瞬間は跳躍進行(音程のジャンプ。階段をひとつ〜いくつも飛ばしてのぼるような進み方です)しています。順次のなめらかさと跳躍の瞬発の波状攻めです。このメロディの揺らぎに私の心がほだされます。ちなみに小節のアタマ(強拍)ごとに見たときと、それにつづく弱拍のみを取り出して見たとき、それぞれで順次進行になってもいます。起伏を持たせつつ、流れるような麗しさの要因かもしれません。

Cメージャー調です。見苦しくてすみません。

うたの言葉

歌詞に含まれる単語に注目します。

曲のタイトルそのものである“夜明けのうた”。ワンコーラスに2回×3コーラスで6回出てきます。曲の主題です。

わたしの心”。こちらもワンコーラスに2回×3コーラスで全6回。“夜明け”は場面であり、情景・舞台。それを望む主人公の存在、その象徴が“わたしの心”。

“夜明けのうたよ”“わたしの心の(に)” という2つのフレーズのみで、なんと歌詞のおよそ5割を占めています。

“夜明け”には、闇と光の要素を感じます。現在の苦難の象徴が闇。これからやってくるであろう望みのかなう瞬間の象徴が光。そのはざまが夜明け。そんな解釈はどうでしょうか。“わたしの心”は、いまそこにあるのです。メインキャストただ独りと、場面のみ。そこに胸のうちをドリップすれば、独白の歌が成り立つのです。

あたまとお尻に主題

最近『ラヴ・イズ・オーヴァー』(欧陽菲菲)『リンゴの唄』(並木路子)などを鑑賞していて思ったことがあります。それは、歌い出し(冒頭)、歌い終わり(結尾)に主題があるということ(どういうことなのか、ここに挙げた2つの歌についてはリンク先を見てみてください)。

『夜明けのうた』はどうでしょう。“夜明けのうたよ”と歌い出します。そして、最後である3コーラスめの最終フレーズに着目。“思い出させる ふるさとの空” です。“夜明け”という情景と、“ふるさとの空”という心象風景を重ねていると思いませんか。つまり、『夜明けのうた』についても、主題で歌い出し、主題で結ぶという共通点が見出せるのです。

『ラヴ・イズ・オーヴァー』『リンゴの唄』を鑑賞して私は、冒頭と結びのみならず、歌の頂点、すなわち一番高い声を出す盛り上がるところにも主題があると考えました。

『夜明けのうた』はどうでしょう。Cメージャーに移調した場合、この歌で出てくる最たるハイトーンは「ミ」です。その音程を持った言葉は何かといいますと、“うた”“わたし”“うた”は、この曲の主たる情景を示す“夜明け”がかかる名詞です。“わたし”はこの歌の主体であり、“”の持ち主です。つまり、『夜明けのうた』においても、歌の頂点(ハイトーン部分)に主題という共通点が当てはまるのではないでしょうか。

後記

最近の私は「いずみたく」と見るだけでビビっと来てしまいます。たとえば、歌謡曲のコードメロディ譜をたくさん載せた本をめくっているときです。『夜明けのうた』もそんな風にして出会いました。譜面を読み、音源に触れる。すると「やっぱりね」となるのです。良い曲だ、いずみたくにハズレなし、という気持ちです。譜面を見ても音源にふれても直感的にピンとくるものがあるのですが、こうして思考と鑑賞を深めてみると、この記事ほかに書いたようないずみたくテク(言いたい)が見えてくるのです。あなたがリスナー・歌い手・作り手のいずれであっても、そこにたくテクの光あり。鑑賞の端っこのほうで、私がこんなこと言っていたなぁと思ってもらえればなお嬉し。

青沼詩郎

『夜明けのうた』を収録した『心のうた 岸洋子リサイタル』。岸洋子はFメージャーで歌っています。

『夜明けの唄』を収録した『ベスト坂本九 90』。坂本九はDメージャーで歌っています。

ご笑覧ください 拙演