中学生のときにギターをはじめた。

吉祥寺の楽器屋さんに、5歳上の兄の友達・nさんに付き添ってもらって行った。

アドバイスをもらって選んだのはグラスルーツのチューニングロック式のエレキギターだった。

初心者はチューニングに苦労するとかわいそうだからという意図でnさんはチューニングロック式をお勧めしてくれたのかもしれない。

あとになって思うこと。

チューニングロック式は機構が複雑だ。

弦の交換も、作業が多い。

楽器のチューン、メンテも同じ。

一本目、すなわちはじめてのギターだったから、それがいかに複雑かを知る由もなかった。nさんが勧めた理由も、真相はわからない。

アームを付けられた(音程を揺らすことのできる機構)し、音も良かった。値段も中学生の一本目としては恵まれていただろう。父さん母さんありがとう。

中学生になって、出会ったギター友達がいた。sくんだ。

彼とデュオで、当時のポップをコピーした。

なかでも一番思い出深い曲が19の『あの紙ヒコーキくもり空わって』(1999)だ。

19は二人組だから、私とsくんがコピーするのに相性が良かった。

19の登場はテレビで知った。

『あの紙ヒコーキくもり空わって』のCMで刷り込まれた。

メロはAメージャー調なのだけれど、その調のⅤであるEコードからF→Gと進んでサビのCメージャー調に接続する。

確か、テレビCMでもこの部分あたりからサビが使われていたようなうろ覚えがあるのだけれどどうだったか。

とにかく、あのコード進行が印象的だった。

それから歌詞。

テレビCMだけを聴いていたとき、「夢を描いたテストの裏」がどうしても聞き取れなくて、「ゆめをかいたカストロブラ」に聞こえた。カストロブラってなんやねん。

メロの歌詞に出てくる「メーヴェ」は『風の谷のナウシカ』に出てくる、主人公が操る飛行装置のことらしい。これは今知った。

そう、「メーヴェ」ってなんやねんと当時から思っていたけれど、その正体も意味も知らずに、気にせず歌えてしまうアホが中学生の私だった。ちなみに今でもその自覚がある。

私は歌をつくって、楽器や声を重ね録りして楽曲制作をしている。高校生のときにオリジナルをやりはじめた。カセットMTRともその頃出会った。

で、今あらためて『あの紙ヒコーキくもり空わって』を聴いてみる。

すると、なんだか、バンドのアンサンブルの組み方がとっても自分の制作と似ているなと思った。

自分では意識していない。中学校を卒業して以来は、ほかのバンドの音楽に傾倒していったから19の曲をコピーすることは長いこと、なかった。

それでも、思い出の音楽は心の層の深いところにあったのだ。

何か自分の「現在」に亀裂が入ると噴き出るのかもしれない。別に、最近とくに苦しいことやつらいことがあったわけじゃないけれど。何もないなりに、私の毎日にもいろいろある。

『あの紙ヒコーキくもり空わって』の作詞者は326(みつる)、作曲は19(数字ばっかりだ)。19は岡平健治と岩瀬敬吾、ビジュアルと詞を担った326によるユニットだった。あとから、岡平と岩瀬の二人だけになった。解散は2002年2月。その頃、ちょうど私は中学3年生だった。

19の解散に衝撃を受けた! という記憶がない。中学校の卒業でバタバタしていたのか。その頃、ギター仲間のsくんを含んだ級友たちと生まれて初めてドラムやベースを含んだ編成のバンドをやった。卒業パーティーだった。曲目はL’Arc-en-Cielの『STAY AWAY』ほか。私はドラムスを担当した。

今、山へ来ている。休暇だ。

電波がないけれど、あるところまで降りてきてこれを書いている。

青沼詩郎

19

https://www.jvcmusic.co.jp/19/

19(Wikipedia)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/19_(音楽グループ)

メーヴェについて。なんと実現させてしまった人たちがいる! 飛行実験をしたという記事。https://news.livedoor.com/article/detail/11864658/

すごい! けどめっちゃ危なそう! 墜落したら搭乗者はひとたまりもなさそう。でも飛行姿勢は見た感じ安定している。重ねてすごい。アクロバティックな飛行は無茶だろうな。

ご笑覧ください

青沼詩郎(筆者)による『あの紙ヒコーキくもり空わって』カバー