続きを読む

木村カエラ『Butterfly』 運命の花 蝶(調)の旅

お互いを見つけるまでにさまざまあったろう。曲中の転調はそうした紆余曲折をあらわしてもいるよう。あるいは、運命の花はこれからふたり(チョウ)が築く場(家庭)のことともとれる。ふたりが出会い、一緒になることで運命の花が咲く。チョウは運命の花で命を養い、舞う。青い空を背景に。
続きを読む

THE BACK HORN『冬のミルク』 作曲を変えた道標

時間を経ても、表現の方向性を見事なくらいに保っています。この、方向性を保っているという点はTHE BACK HORNの魅力のひとつ。新しいことにいつもチャレンジしていると思うけれど、彼らがやる「THE BACK HORN」を「THE BACK HORN」としてリスナーに認めさせる何かがある。彼らの遍歴をもっとちゃんと聴き込みたいと思います。